トイレの神様

最近流行歌(この言い方がすでに年寄りですなぁ)にとんと興味がなくなって歌番組も見ないしもちろんCDを買ったりもしません。カミさんは無理して(?)息子と歌番組を見ては新しい歌や曲などにも通じているふりをしていますが。
とんと興味はないが、「トイレの神様」という歌が今注目を浴びていると聞きました。ネーミングに興味を持ったので、youtubeで検索して聞いてみました。関西弁で親しみやすく、おばあちゃん子の私とおばあちゃんの心の絆がうまく歌われていていい歌に仕上がっていました。こんな風に歌は始まります。

小3の頃からなぜだかおばあちゃんと暮らしてた
実家の隣だったけどおばあちゃんと暮らしてた
毎日お手伝いをして、五目並べもした
でもトイレ掃除だけ苦手な私におばあちゃんがこう言った
トイレには それはそれはキレイな女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで

おばあちゃんの言葉を信じて子どもの私はトイレをピカピカにする。
そして年頃になった私はだんだんとおばあちゃんと心が離れていってしまい、上京する。
おばあちゃんが入院したのを聞いて見舞いにかけつける。短い出会いの翌日、おばあちゃんは静かに永遠の眠りにつく。
そして

気立ての良いお嫁さんになるのが夢だった私は
今日もせっせとトイレを ピーカピカにする
おばあちゃん  おばあちゃん ありがとう
おばあちゃん  ホンマに  ありがとう

と、こんな風に結ばれる。おばあちゃんに思い入れの深い人にとってはまさに「泣ける歌」でしょう。
私も可愛がってくれた母方の祖母のことをいろいろと思い出しました。同居していたわけではありませんでしたが、その祖母のいる母屋に行くととても可愛がってくれました。私が高校生の頃に畑仕事をしていて、転倒し骨盤を骨折しました。それからは寝たきりの生活でした。時々見舞いに行くとすごく喜んでくれ戦争中の話などしみじみ話してくれました。私が高2でバイクの無免許運転で事故を起こしてしまったときなどは「かわいそうに、代わってやれるなら ばあちゃんが代わってやりたい」と泣いてくれたのにはびっくりしました。やさしいおばあちゃんでした。大学生の時に亡くなりましたが、初めての身近な死でした。火葬の時の煙突から立ち昇る白煙をぼんやり見て哀しくなったことを思い出します。
このおばあちゃんについては後日談があって、「あのおばあちゃんは私の本当の実母ではなく、実母が子どもを産んであと早死にしたので妹が嫁入りしたんや。」と母からのちのち聞きました。昔はそんな嫁入りがあったのですね。

若い人の歌にもなかなかいいものがあるではないかと感心しました。

Oo_0121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の東京

行ってきました花の東京。
もう何年ぶりになるでしょうか。若い時分は東京への憧れもありましたが、今はもう故郷にいることの気楽さに慣れテレビの画面で見るだけの大都会 東京。
同僚4人での東京行、安上がりにするために新幹線ではなく車で行きました。早朝??深夜3時半に出発して日帰りという強行日程でした。
僕の仕事は簡単な打ち合わせと資料をもらうだけだったので、さっさと用事を済ませ東京見物。おのぼりさんですねー、テレビでよく見る「上野公園の花見」風景でも見てこようと上野に出かけました。

To4

 いました、花見客。公園内の桜の数も相当なものですが花の数ぐらい花見客もいました。昼間から宴会をやっているグループもいましたが、夜のための予約ブルーシートが桜の下一面に敷き詰められていました。夜は更ににぎやかに花の宴会場になるのでしょうね。
仲間との集合場所が「浅草」だったので、上野をあとにして浅草に向かいました。上野もすごい人でしたが、浅草はそれ以上でした。
「雷門」は黒山の人だかり、仲見世通りは前に進むにも人の波をかきわけながらという感じでした。

To3

水上バスの発着所である吾妻橋あたりからは、今話題の「スカイツリー」を見るのに絶好の場所でした。

To1

現在300mを越えたそうで、それでもまだ半分。完成すると634mだそうでまさに雲をつく高さですね。

夕食は築地のお寿司やさんに行きました。さすが築地市場で仕入れるだけあって新鮮、安くておいしかったです。
To2

そしてとんぼ返りで戻ってきました。うーん、やはり東京は人が多い。最先端のファッションや技術に触れられるのでしょうが、僕はテレビで観るだけで十分・・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い

1月は「いく」2月は「にげる」3月は「さる」、新年からの3ヶ月の月日の経つ早さを言ったものですがうまい言葉です。3月は「卒業」に代表される別れの季節-「さる」というのは月日だけでなく人も「去る」と言う意味が重なりそうでいいですね。僕の周りでもいくつかの「別れ」がありました。退職される人、転勤される人-ちょっとほろ苦い別れもありました。
 「花に嵐のたとえもあるぞ  さよならだけが人生だ」これは唐詩「勧酒」を井伏鱒二が訳して名訳とされて有名な句です。「さよならだけが人生だ」ならばさよならを言うまでの時間を心に残る過ごしかたをしたいものです。
そして「さよなら」のあとには、また新しい「こんにちは」の出会いがある。4月はその出会いの季節です。歳をとってくると新しい出会いにもちょっと臆病になりがちですが、それはひょっとすると新しい自分を見つける出会いかもしれない。そんな期待を抱いて4月を迎えましょう。

4月は「桜」の話題でもちきりです。最近また「桜」ブームかのように「桜」が取り上げられ、「桜」を歌った歌も目立つような気がします。
今回は「桜」ではなく「三叉(みつまた)」の花を紹介します。桜と比べるとなんとも地味で取り上げられることも少ない「三叉(みつまた)」ですが、近くに「みつまたの群生地」があると聞いて興味津々行ってきました。日本の棚田百選に選ばれた亀山安坂の「坂本の棚田」にあると聞きました。
  T_oo_056_3
「坂本の棚田」に着くと一画に5百本ほどの「みつまた」が植えられており、確かに珍しいと言えば珍しいのですが「こんなものか」という印象でした。
  T_oo_021_4
ところが役場の方が来ていて、お話しを伺ったら「このみつまたは観賞用に移植したもので、本当の群生を見るのだったら山中に入って行かないと見られないよ。40分ほどかかるけど、そちらは感動するよ」と教えてくれました。「みつまたに感動???」と半信半疑ながら、山中まで出かけることにしました。
杉木立の山道をゆっくり登っていきました。ところどころに藪椿の木があり、里ではもう朽ちかけている椿ですが山の椿はまだまだ盛りでした。普通の人には40分でも、一緒に行ったかみさんはカメラが趣味なのでカメラでパチリパチリ撮りながらの道中、しかも健脚ではないのでゆっくりゆっくりの山歩きです。
1時間はゆうに歩いたでしょうか、渓流を渡ったところにぽつんと「みつまた」が見えてきました。そして曲がり道を廻ったら、渓流沿いに「みつまた」が群立しておりどんどん数が増えていきます。下で見た観賞用のみつまたとは全くちがうものでした。なんというのでしょう、異空間に迷いこんだような-「夢の世界」?「SFの世界」? うーんなんと言えばぴったりくるでしょうか「ファンタジーの世界」かなぁ。
T_oo_152_6  
「みつまた」はジンチョウゲ科なのですが、ジンチョウゲとは違いまだ葉のついていない枝に半球体の淡い黄色の花をつけています 山の斜面いっぱいに丸いみつまたの花が無数に「浮かんでいる」様子は圧巻でした。
T_oo_191_2 T_oo_280_2
しばらく、我を忘れて見入ってではなく茫然と座りこんでいました。
みつまたの異空間を戻り、もとの渓流に着いたら現実に還ったようでした。役場の人の「感動するよ」は大げさでもなんでもなく、本当に感動しました。
たくさんの見学者がいましたが、それでも桜の花見とは比べものにならないほどの少なさです。あまり有名にならないほうがいいかもと思いながら「棚田」に戻りました。
T_oo_061_2

出会いの4月にブログを立ち上げました。もしよかったら、コメントなどいただけたら新しい出会いができるかもしれません。よろしくお願いします。

<追記> 私はカメラでの撮影はほとんどしません。ブログ内の写真はカメラ狂のかみさんのものを掲載します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)